高松 希【11期生】

地方公務員

北海道

高松 希【11期生】

私は11期生としてHOPSを修了後、北海道庁に入庁し、総務部法制文書課に配属され、道の利害に関係のある争訟に関する事務を行なっています。具体的には、道が訴えられた場合などに、道の代理人となって訴訟活動を行うのが主な仕事です。事件に関係する事務や法令は幅広く、所管する課の担当者と何度も打ち合わせしながら書面を作成しています。

学部では法律を学んでいましたが、学部時代から公務員を志し、政策の実践について学びたいと思い、HOPSに入学しました。HOPSでは文系理系の分野を超えて幅広い知識を身につけるとともに、社会人や学部卒などバックグラウンドが異なる様々な学生と議論し、課題に対して一つの政策を導き出す力を培うことができました。今の仕事では、法律と現場の実務の間で難しさを感じることもありますが、難しいと思った際にどうそれを乗り越えていくのか、HOPSでの経験が仕事をしていく上で大きな力になっていると感じています。

(2019年度パンフレットより)

北海道大学 北海道大学 法学研究科 北海道大学 経済学院 北海道大学 工学院 文部科学省 専門職大学院について