2019年 山本貴一

公共政策実務演習

環境省 本省

山本 貴一【15期生】

持続可能な開発に関心があり、環境省本省にて9日間のエクスターンシップを行いました。
実習では、担当の方をつけていただき、生活公害についてレクチャー、会議への出席等を通じ知識を深めました。業務に携わらせていただく中で、地方行政との違い、国家公務員に求められる役割を肌で感じ取ることができ、なかでも調整という業務が最重要になることを再認識することが出来ました。実際に、民間事業者との協議に参加させていただくことが多く、官民連携によって政策のすそ野を広げることが、豊かな環境に支えられた持続可能な社会に不可欠出ることを感じました。この認識をもとに、最終日に行われた発表では、より多くの人にご賛同いただけることを重視して政策提言をしたところ、よかった点、より改善できる点について、最前線で活躍なされている方々より積極的にご意見を頂くことができ、その後のHOPSでのより有意義な学びへとつなげることが出来ました。

(2020年度パンフレットより)

北海道大学 北海道大学 法学研究科 北海道大学 経済学院 北海道大学 工学院 文部科学省 専門職大学院について