な行

当大学院は、工学研究院、法学研究科、経済学研究科という3つの部局が母体になり、さらに他の部局の支援を受けて枠組みを形成しています。また、研究者に加えて、中央省庁、政府機関、マスコミなど各界の第一線で活躍されている方々を実務家教員として迎え入れています。
 
※下記の一覧には、全ての授業担当教員を記載しておりますが、お問い合わせは、各部局などの所属先にお願いいたします。

※スパムメール対策の一環として記載のメールアドレスの「@」は「?」に置き換えております。

50音順

中川 寛子 教授(法学研究科)

担当科目

競争法政策

専門分野

経済法、国際経済法

現在の研究

独占禁止法、国際経済法、不当廉売・略奪的価格設定・ダンピング、規制改革と競争政策について。

出身大学院・研究科(最終学歴)

神戸大学大学院法学研究科

主な職歴

1998年 北海道大学法学部助教授

2000年 北海道大学大学院法学研究科助教授

2002年 ニューヨーク大学ロースクール客員研究員

2003年 コロンビア大学ロースクール客員研究員

主要著作・論文

●著書

『不当廉売と日米欧競争法』(単著)、2001年、有斐閣

『独占禁止法ケースブック』(共著)、2006年、弘文堂

●論文等

・「航空産業における情報ネットワークと競争」(根岸哲・川濵昇・泉水文雄編『ネットワーク市場における技術と競争のインターフェイス』第3章第2節(有斐閣 2007年))

・「米国規制産業におけるプライス・スクイーズ規制」2006年度 情報通信政策研究プログラム報告書・河谷清文・西村暢文・池田千鶴・中川寛子『情報通信領域の商品・サービス取引に対する独占禁止法の適用に関する分析』p41-p54,available at <http://www.officepolaris.co.jp/icp/paper.htm>.

・「検証 第3回新司法試験 経済法」『ロースクール研究』第11号(2008年9月民事法研究会)(第2回新司法試験について同第7号(2007年9月)、第1回新司法試験について同第4号(2007年1月)。いずれも、中央大学河谷清文准教授と分担執筆)

メールアドレス

nakagawa?juris.hokudai.ac.jp

中村 研一 教授(公共政策学連携研究部)

担当科目
国際公共政策学
専門分野

国際政治、国際公共政策、平和研究

現在の研究

1)国際政治における暴力について、いくつか論文を書いています。9・11のテロ事件以降、米・スペイン・英国などでテロ事件が引き続いているため、暴力とそれに対する安全保障の考え方が変化しています。またその前から進行している米軍再編という軍事組織の変動のなかで、いったい何が「安全保障」なのか、その目的にそった軍事政策とは何か、が変わっています。こうした点などを踏まえて、考えを整理しています。

(2)その役割が拡大している地球市民社会の研究を進めています。NGOとしては実は赤十字が十九世紀半ばから活動をはじめ、オクスファムは第二次大戦中に活動をはじめています。こうしたNGOが、なぜ1980年代に台頭し、今日なぜ「第三の力」などと呼ばれるようになったか、考えています。

(3)政治学の理論にも多少の関心があり、「権力」概念について、短い概説を書いています。元来、自然界の現象であり、物理学が形成した概念である「力power」が、なぜ、人間界の概念として通用しているのか、かつてマルクスが「物象化」といった現象と平行した問題だと思っています。

(4)昔々自分で書いた「帝国主義」に関する論文、これは19世紀の大英帝国に関するものなのですが、を読み直し、これをもう少しまともにしたいと思っています。

リンク

コラム

成田 大樹 准教授(経済学研究科)

担当科目
環境経済学
専門分野と現代の研究

環境経済学。気候変動のコストや生態系サービスの貨幣換算価値などに関する理論的及び実証的研究を行っています。

現在の研究

気候変動、エネルギー、持続可能な開発、環境経済学、リスクと不確実性

出身大学院(最終学歴)

コロンビア大学Graduate School of Arts and Sciences

主要業績

“Economic Costs of Ocean Acidification: A Look into the Impacts on Global Shellfish Production,” co-authored with K. Rehdanz and R.S.J. Tol, Climatic Change, 113 (3), 1049-1063, 2012.“Environmental Tipping Points Significantly Affect the Cost-Benefit Assessment of Climate Policies,” co-authored with Y. Cai, K.L. Judd, T.M. Lenton, and T.S. Lontzek, PNAS, 112(15), 4606-4611, 2015.

ページの先頭へ