◎2017年度 第2回公共政策学研究会(HOPS研究会)
「人口減少社会における生活排水処理インフラ改革」

我が国における人口減少はいよいよ本格化・顕在化し始め、市町村の存続可能性についての深刻な議論が行われています。今後一斉に押し寄せるインフラ更新需要への対応に着手する必要がありますが、従前と同様のインフラ更新とするかどうかについては状況の変化を勘案した判断が行われなければなりません。これまでの生活排水処理については下水道が大きな役割を果たしてきましたが、更新時においては浄化槽他の選択肢との連携も含めた検討も必要となります。本セッションでは、次世代の持続可能な生活排水処理について今後の展望を共有するとともに様々な角度からのパネルディスカッションを行います。

 

日 時

11月10日(金) 13:30~15:00

講 師

小川 浩 氏(常葉大学 社会環境学部)

喜多村 悦史 氏(東京福祉大学副学長、元厚生省浄化槽対策室長)

竹内 正志 氏(株式会社西原環境、前日本下水道事業団北海道総合事務所所長)

司 会

倉谷 英和(北大 公共政策大学院)

主 催

衛生工学シンポジウム実行委員会(工学部衛生環境工学コース内)

共 催

公共政策学研究会(HOPS研究会)

 
【学内教職員・大学院生・学部学生対象】 事前申込み要
この研究会は衛生工学シンポジウムの企画セッションとして開催されます。
参加費:1,000円(衛生工学シンポジウム参加費として)
連絡先:北海道大学公共政策大学院 倉谷(h.kuraya?hops.hokudai.ac.jp)
  ?を@に変更してメール送信願います。


 ◎2016年度第10回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2017年2月8日(水)13:00~17:20 
会場:人文社会科学総合教育研究棟W401

 

テーマ:平成28年度リサーチペーパー報告会 第2回

13:00~13:05 

開会

13:05~13:25 

長嶺 久美子「主婦農業者による6次産業化の課題「夕張市産摘果メロンピクルス事業」を事例に」

13:25~13:55 

金子 直広「水資源の観点から見た、石狩川中流域における稲作の現状と限界」

13:55~14:25 

永井 優斗「「家庭内契約モデル」による家族形成の分析」

14:25~14:55 

吉 浩倫 「「学生運動」における若者の政治意識の変化に関する研究」

 14:55~15:15 

野口 周 「平成28年農地法改正の内容と課題」

 15:15~15:35  

横田 淳一郎「北海道における市町村合併の功罪」

 15:35~15:55 

村田 啓太「日本におけるソーシャルインパクトボンド導入の考察」

15:55~16:25 

飯田 治 「北海道における公共投資と建設業の在り方について」

16:25~16:45 

高松 希 「アートを活かした障がい者の自立支援」

16:45~17:05

畠山 寛法「北海道における矯正施設出所者に対する地域生活定着促進事業の現状と課題に関する研究

17:05~17:10

閉会

学外で参加希望の方は、HOPS院長室まで連絡をお願いいたします。

  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第9回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2017年2月3日(金)16:00〜17:30
人文社会科学総合教育研究棟W101

タイトル

「RE START! Challenge More! 財政破綻から10年」

報告者

鈴木 直道(夕張市長)

司会

石井  吉春(北大公共政策大学院院長)

主催

北大公共政策学研究センター

  • 院生・学部生の参加も可能ですので、ぜひご出席ください。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第8回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年1月20日(金)13:00~17:10 
会場:北大工学研究科棟 L252
テーマ:平成28年度リサーチペーパー報告会 第1回

13:00~13:05 

開会

  13:05~13:35  

許多「日本のODAに関する外交政策の分析」

  13:35~13:55 

 阿部 真利奈「 日本の同性婚及びパートナーシップ制度の現状と課題」

  13:55~14:25  

王 睿霆「 Child Allowance, Endogenous fertility, and the Female Labor Supply in a Pay-as-you-go Pension System」

  14:35~15:05 

坂本 雄「下川町の「内発的発展」の条件:2度目の「発展」は可能か」

  15:05~15:35 

赤坂 憲一「生活保護行政におけるケースワーカーの裁量」

 15:35~15:55 

陳 薇佳「国際医療保健協力におけるグローバル・ガバナンス」

  15:55~16:15 

川合 翔太「外国人研修生受け入れ特区制度の運用と今後」

 16:25~16:45

宇生 航「近年における北朝鮮制裁国連安保理決議の実効性検証」

 16:45~17:05

高橋 栞「高齢刑務所出所者からみる、司法と福祉の連携」

 17:05~17:10

閉会

学外で参加希望の方は、HOPS院長室まで連絡をお願いいたします。

  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第7回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年12月5日(月)14:00~16:30 
会場:百年記念会館1階 大会議室

テーマ:人口減少時代の自然空間管理〜その担い手と手法を考える〜

主催者代表挨拶

公共政策大学院特任教授・環境コモンズ研究会座長 小磯 修二

基調講演 

「グリーンインフラ〜人口減少・気候変動下における防災と環境保全の両立」  北海道大学大学院農学研究科教授 中村 太士氏

パネルディスカッション

NPO法人苫東環境コモンズ事務局長 草苅 健氏

白老町農林水産課         辻 昌秀氏

フリーのきこり          陣内 雄氏

帯広の森はぐくーむ副施設長    日月 伸氏

(コーディネーター)       小磯 修二

学外で参加希望の方は、HOPS院長室まで連絡をお願いいたします。チラシはこちら
をクリックするとご覧になれます。

  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第6回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年11月24日(木)9:30~14:30 
人文社会科学総合教育研究棟W303

タイトル「Local Governance  and Public Policy in the Globalized World」

9:30-9:45 : Opening Remark

Yoshiharu ISHII (北海道大学公共政策大学院長(HU))

  Dongwook KIM (ソウル国立大学公共経営大学院長(SNU)

 Session 1Welfare and Social Capital in an Aging Society:   Case  of Japan and Korea

9:45-11:45

報告者:Hyunsub KUM(SNU)/Jun NISHIMURA (HU)/Sooneun KIM(SNU)/Naomi CHI(HU・司会)           

Session 2 Local Governance in Japan and Korea

13:15-14:30

報告者:Kilkon KO (SNU)/Naomi CHI(HU)/Dongwook KIM(SNU・司会)

  • 来場は自由です。HOPS生であれば、事前申込なしで、直接、講義室に来ていただいて構いません。他学部、学外で参加希望の方は、HOPS院長室まで連絡をお願いいたします。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

公務員就職セミナー

第1回【公務員の仕事研究〜地方自治の最前線・北海道庁】ー北海道の災害・空港対策

  • 日時:11月18日(金)16:30-18:30 
  • 会場:人文・社会科学総合教育研究棟W201室
講演1

「北海道の災害対策」

北海道総務部危機対策局危機対策課長  辻井宏文氏

講演2

「北海道の航空事情と航空関係施策 」

北海道総合政策部航空局航空課新千歳空港周辺対策担当課長  北村英則氏

社会基盤を形成し、あるいは人々の生活を直接・間接的に支える、公務員という仕事の現実について、あなたはどれくらい知っていますか?産業構造、人口構成、社会システムが変化し続ける現在の日本で、公務員が何と格闘し、どんな情熱を持って仕事に当たっているのか。道庁職員の現職公務員が、皆さんに実例を紹介してくれます。

第2回【科学技術と政策が出会うところ〜技術抜きでは進まない現代公共政策〜】

  • 日時:12月8日(木)16:30-18:30 
  • 会場:人文・社会科学総合教育研究棟W201室
講演

「技術政策と政策のための技術」

北海道大学公共政策大学院教授 鈴木一人

食糧政策、医療政策、少子高齢化に伴うロボット技術などの無人化技術、治水政策、交通政策など現代社会は複雑化し、様々な問題を解決するために科学技術の応用が重要になっています。公共政策大学院では技術政策コースを設けて、どのように技術を公共政策に活かすのか、公共政策の問題を技術を通じてどう解決するかを考えます。
 

主催:北海道大学公共政策大学院  協力:北海道大学キャリアセンター 
お問合わせ先: ☎︎ 011-706-4723  Email: office@hops.hokudai.ac.jp(北大公共政策大学院)


 ◎イノベーション・マネジメント講座ーイノベーションを通じて地域創生を目指す企画人材の育成

日時

会場

第1回 10月14日(金)13:00-18:00

学術交流会館 第3会議室

第2回 10月28日(金)13:00-18:00

工学部 C308

第3回 11月18日(金)13:00-18:00

フロンティア応用科学研究棟2階 セミナー室

第4回 12月2日(金)13:00-18:00

フロンティア応用科学研究棟1階 セミナー室

第5回 1月20日(金)13:00-18:00

フロンティア応用科学研究棟2階 セミナー室

  • 主催:北海道大学公共政策大学院/日本政策投資銀行 

 

  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp  011-706-4723(院長室)

 

 ◎2016年度第5回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年11月10日(木)16:30~18:00 
人文社会科学総合教育研究棟W101

タイトル

「生活困窮者の実態と政策」

報告者

池田 真紀(フリーソーシャルワーカー)

司会

西村 淳(北大公共政策大学院教授)

主催

北大公共政策学研究センター

  • 来場は自由です。HOPS生であれば、事前申込なしで、直接、講義室に来ていただいて構いません。他学部、学外で参加希望の方は、HOPS院長室まで連絡をお願いいたします。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第4回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年10月13日(木)16:30~18:00 
人文社会科学総合教育研究棟W101

タイトル

「統計データから変数の関連性を調べる」

報告者

鈴川 晶夫(北大公共政策大学院教授)

司会

西村 淳(北大公共政策大学院教授)

主催

北大公共政策学研究センター

  • 院生・学部生の参加も可能ですので、ぜひご出席ください。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 ◎2016年度第3回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年7月26日(火)15:00~17:00 
人文社会科学総合教育研究棟W406

テーマ

「中国の格差について-所得不平等は進んでいるのか?」

報告者

劉 慶彬中国対外経済貿易大学准教授

討議

「中国のマクロ経済の動向と中国政府の経済政策」

コメンテーター 梶谷 懐(神戸大学大学院経済学研究科教授)

司会

西本 紫乃公共政策大学院専任講師

主催

北大公共政策大学院・公共政策学研究センター

  • 院生・学部生の参加も可能ですので、ぜひご出席ください。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 

◎2016年度第2回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年6月28日(火)16:30~18:00 
スラブユーラシア研究センター4階大会議室(2階図書館側奥が入口)

報告者

高橋美野梨(北海道大学北極域研究センター博士研究員)

司会

西村 淳(公共政策連携研究部教授・公共政策学研究センター長)

テーマ

テーマ:グリーンランドの自己決定権――北極域研究推進プロジェクトから

主催

北大公共政策大学院・公共政策学研究センター

  • 院生・学部生の参加も可能ですので、ぜひご出席ください。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 

◎HOPS特別講演会
ポスト・ジェノサイドのルワンダ:荒廃から生まれるアフリカ型のガバナンスと発展モデル Post genocide Rwanda: the Journey from Devastation to an African model of Good Governance and Development

日時:2016年5月30日(月)13:00~14:30 
北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター大会議室4階

講演者

ヴェネティア・セブダンティ(駐日ルワンダ大使)

司会

池 直美(公共政策大学院専任講師)

主催

北大公共政策大学院

  • どなたでもご参加いただけます。参加を希望される方は、下記の問合せ先に連絡をお願いいたします。。チラシはこちらをクリックするとダウンロードできます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)

 

◎2016年度第1回公共政策学研究会(HOPS研究会)

日時:2016年5月24日(火)16:30~18:00 
北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟W409

報告者

西本 紫乃(北大公共政策大学院専任講師)

司会

西村 淳(公共政策連携研究部教授・公共政策学研究センター長)

テーマ

テーマ:中国における社会・情報統制強化とネット上の公民社会

主催

北大公共政策大学院・公共政策学研究センター

  • 院生・学部生の参加も可能ですので、ぜひご出席ください。チラシはこちらをクリックするとご覧になれます。
  • *連絡先:office@hops.hokudai.ac.jp011-706-4723(院長室)
ページの先頭へ