• HOME
  • >
  • 教育プログラム
  • >
  • ディプロマ・カリキュラムポリシー

ディプロマ・ポリシー/カリキュラム・ポリシー


大学院公共政策学教育部の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

大学院公共政策学教育部は,本学が掲げる4つの基本理念(フロンティア精神,国際性の涵養,全人教育,実学の重視)の下,公共政策にかかわる専門的素養を身に付け,社会の様々な問題解決に向けたアプローチを構築する人材の育成を教育目標にしています。
本教育部専門職学位課程の修了要件は,当該課程に所定の年数在学し,リサーチペーパーの提出を含め所定の授業科目を履修し,所定の単位を修得することです。

大学院公共政策学教育部の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

大学院公共政策学教育部は,学位授与方針で掲げる人材を養成するため,次の特色ある取組により教育課程を編成・実施します。
【文理融合】
文理融合のコンセプトは,今日のいわゆる「縦割り社会の閉塞感」が,専門領域に特化した高等教育の延長線上にある問題ではないかとの認識のもと,公共政策に本来必要な学問領域を,文系・理系という従来の枠を超えて学ぶことを目指しています。そのために,「公共経営」,「国際政策」,「技術政策」の3つのコースを設置しています。文理融合の理念のもと,社会人学生・外国人留学生を含む,多様な資質と経験をもつ学生が学んできています。
【国際性の涵養】
国際的な視野を形成するための科目を開講するとともに,英語で開講する授業科目も設置し,実践的な英語力の向上も意図しています。加えて,独自の留学プログラムも設置しています。
【特色ある教育プログラム】
具体的な政策事例の研究や政策の実施現場の調査などに携わる実践的な演習を行ない,座学では得られない臨場感のある授業を学生に提供しています。さらに,エクスターンシップという,行政機関・民間企業・NPOなどに出向く実践授業を開講し,多様な視点を養っています。また,少人数制のもとでの双方向・多方向の授業を展開するとともに,入学から卒業まで,一人一人の学生に綿密な指導ができる体制を整えています。
【キャリア形成の支援】
進路指導教員が定期的に就職活動の支援を行なっています。さらに,公務員試験等就職活動をサポートし,就職に関連した情報提供等を行なう目的で外部のNPO等と連携することも含め,就職に関連した支援を行なっています。 
【教育の質の保証】
高い教育の質を保証するため,授業評価アンケートを実施するとともに,教員同士の授業参観を実施する等,授業の質の向上に向けた取り組みを行なっています。

ページの先頭へ