新渕 恵介【3期生】

地方公務員

札幌市消防局 消防司令

新渕 恵介【3期生】

新渕 恵介私は社会人2年目にHOPSに入学し、大災害時の消防部隊の効率的な運用方法を研究テーマとして、重要度の定量評価技法を中心に学んでいました。修了後は、札幌市の財政部で地方債や公債費予算等を3年間、消防の財務を3年間担当し、現職に至っています。

HOPS在学中、指導教員から「文系は演繹的に、理系は帰納的に物事を見る傾向があるが、政策の立案・実行には両アプローチが不可欠である」という示唆を得ました。実際、政策やビジネスの最前線では、従来対応したことのない問題が山積しており、演繹法だけでは良い解決策を提案できず、確かな経験と豊かな教養を礎とした帰納法も重要です。私が困難な業務に対して、過去の経験・知識をときに“直接的”に、ときに“間接的に”活かすことができたのは、HOPSで帰納法と演繹法を車の両輪のように学んできたからだと思っています。

(2016年度パンフレットより)

北海道大学 北海道大学 法学研究科 北海道大学 経済学院 北海道大学 工学院 文部科学省 専門職大学院について