2015年 内記恵和

公共政策実務演習

三重県議会

内記 恵和【11期生】

内記恵和
地方議員と住民との関係性に関心を抱き、三重県議会でのエクスターンシップを希望しました。議員に帯同してインタビューや活動見学を行う中で、議員が住民の声を聞くだけではなく、自身の政治活動を報告したり、外部講師を招いたワークショップ等を開催したりして、積極的に住民が地域政治を考える機会を設けていることが分りました。議員と住民の双方向的な関係性を発見し、住民ニーズが表出されるのを受動的に待つだけではなく、住民に自分の地域のあり方に対する意見を持って貰えるように能動的に働きかけることも地方自治の範疇に含まれると考えるようになったことは、以後の学修の上でも非常に有意義な経験でした。

(2016年度パンフレットより)

北海道大学 北海道大学 法学研究科 北海道大学 経済学院 北海道大学 工学院 文部科学省 専門職大学院について