コミュニティ・デベロップメント・プログラム/バルカン現地調査コース

北海道大学公共政策大学院では,グローバル化時代にふさわしい人材を育成すべく,海外における教育やキャリア形成の機会づくりを奨励しています。
その一貫として,マケドニア共和国の大学「ユーロカレッジ」を受入先として研修プログラムを実施します。派遣される学生は「HOPS国際フェロー」として,派遣に際して奨学金が付与されます。参加希望者は下記にしたがって応募して下さい。

派遣時期:
2018年2月上旬~2月下旬の間の約2週間
場所:
マケドニア共和国(スコピエ市およびその周辺)
募集定員:
コミュニティ・デベロップメント・プログラムで3名程度(1人当り20万を上限として奨学金を付与/昨年例)
説明会:
2017年10月12日(木)18:30よりW101教室にて。案内チラシはこちら

コース・プログラム内容

  1. 対立的多民族共存環境,独立後の国家建設,生活環境,将来の希望等についてのヒアリング,マケドニア当局との情報・意見交換,各種の文化行事等への参加等
  2. 各国際機関・日本大使館への表敬訪問,意見交換など
  3. 実施関係者との協力事業,交流事業など

※プログラムは参加者が主体的に構成し,ユーロカレッジ現地スタッフ,HOPS担当教員と協議して決定する。
※治安状況は平穏ですが海外旅行傷害保険に各自入られることを推奨します。
※前年度の参加者による報告会(10月12日(木)18:30にW101にて開催予定)があるので,参考にすること。

備考

手続き上の不明な点は、法学研究科・法学部教務担当にお問い合わせ下さい。
(TEL:011-706-3120、kyomu$juris.hokudai.ac.jp)
プログラム上の不明点は,齋藤久光(saitoh$econ.hokudai.ac.jp 公共政策大学院准教授)に問い合わせて下さい。
※アドレスの$を@に置き換えて下さい。

留学体験記

北海道大学 北海道大学 法学研究科 北海道大学 経済学院 北海道大学 工学院 文部科学省 専門職大学院について