• HOME
  • >
  • 入試情報
  • >
  • アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

 北海道大学大学院公共政策学教育部は,次世代を担う政策専門家・政策プロフェッショナルにふさわしい高度な専門性と幅広い視野,そして長期的な視点に基づいた総合的判断力を身につけた職業人の養成を教育理念とする。この理念にもとづき,本教育部では,公共政策における公共的価値と個別的利益,公正と効率の調和の実現を学ぶ「公共経営コース」,国内外の諸政策の政策課題をとらえ,グローバルな文脈をふまえて国際的公共秩序を展望する「国際政策コース」,多様なプロジェクトの推進や評価,危機管理にかかわる技術政策のエキスパートを育成する「技術政策コース」の3つのコースを併設している。
 教育内容を確実に修得させるため,入試制度においては,各コースで学ぶにふさわしい①基礎的な教養と社会問題に対する鋭敏な感性,②公共政策の実現に必要な分析力,思考力及び表現力などの能力,③継続的な教育に耐えうる知的素養・忍耐力を備えた人材を選抜する。また,選抜に当たっては,公共政策にかかる専門職業人への多様な社会的ニーズに鑑み,客観性・公平性・透明性という諸要素に加え,さらに地域社会や国際社会への開放性や多様な人材確保の可能性にも配慮する。

ページの先頭へ