HOPSの理念

政策の時代に誕生する公共政策大学院

 
政策が、一部の行政エリートだけのものである時代は終わりました。分権化の流れのなかで自治体職員の政策提起能力が問われています。グローバル化と多元化のなかで、民間企業や、非営利団体の発信する政策が重みを増しています。国の行政官のリーダーシップは依然として重要ですが、新たな政策課題に対応し、多様な主体のパートナーシップを作り上げることのできる、よりいっそう柔軟な発想と豊かな政策知識が求められるようになっています。
 
北大の公共政策大学院は、このように政策の担い手が飛躍的に増大する時代に対応して、多様な人材を育てるべくスタートします。その特徴は第一に、研究者・中央省庁・政府機関など、各界の定評あるトップレベルの教授陣による徹底した少人数教育です。「政策現場」と「学問拠点」、「実現力」と「構想力」を融合することによって、「政策の創造者」となる実務者の養成を目指します。
 
そして第二に、工学研究科・法学研究科・経済学研究科による「文理融合」という新しい大学院の理念です。これまでの専門領域を超えて公共政策に必要な学問領域を、文系・理系というこれまでの枠を超えて体系的に学ぶことができます。そのために、「公共経営コース」「国際政策コース」「技術政策コース」の3コースを併設し、文理融合を支えるカリキュラムを展開しています。
 
北大の公共政策大学院は、国と地方の公務員はもちろん、民間企業やシンクタンク、非営利団体等といったパブリック・セクターの政策プロフェッショナルへの道を拓きます。
 

ページの先頭へ