北大HOPS×北海道新聞プロジェクト

2014年6月に北海道大学公共政策大学院と北海道新聞社は、提携協力関係を深め、それを通じて双方の地域・社会貢献をより一層推進することの基本合意書を交わしました。
このページでは、HOPSと道新が共同開催で行うシンポジウム、共同調査、執筆などをご紹介していきます。
 

公開講座 2015.10.23-

道新HOPS連携公開講座『グローカルを生きる北海道』

シンポジウム 2015.9.12

 「北大HOPS x 北海道新聞」共同シンポジウム「交通新時代の北海道観光の未来」

以下の記事はjpegでこちらからご覧になれます。

その1「観光立国飛躍へ好機」(2015.9.20)

その2「新幹線LCC生かせ」(2015.9.20)

シンポジウム

「北大HOPS x 北海道新聞」共同シンポジウム「現代と宗教 脅威なのか、救済なのか」

以下の記事はjpegでこちらからご覧になれます。

その1「信仰は脅威か救済か」(2015.8.13)

その2「多様化進む現代宗教」(2015.8.13)

シンポジウム

「北大HOPS X 北海道新聞」共同シンポジウムこれでいいのか北海道!-本当の地方創生とは? 

詳細はこちらです。

シンポジウム

「北大HOPS X 北海道新聞」講演会「ウイスキーづくりの魅力と地域発展の可能性」

詳細はこちらです。

シンポジウム

スコットランド独立運動の教訓とこれからの地域政治のゆくえ-(

以下の記事は、jpegでこちらからご覧になれます。

特集記事

「スコットランド独立考える 市民主体で展開・地域の理想粘り強く」自治の力 スコットランドからの提言①~⑤(2014.10.28更新)

①未来の論議 道内でも (2014.10.15)

②情報公開 信頼の支え (2014.10.16)

③変化信じ市民運動30年 (2014.10.17)

④脱・中央依存 再生の鍵 (2014.10.18)

⑤地域に根ざした政党を (2014.10.19)

 全ての記事はjpegでこちらからご覧になれます。

共同調査

北大・道新 道民世論調査から どうする地方自治①~⑤(2014.10.28更新)

北海道新聞社許諾D1409-1509-00010028

①住み続けられるか不安 小さな市町村ほど切実 (2014.8.19)

②「集住化」7割が容認 人口流出への不安反映 (2014.8.20)

③存在感薄い道庁 地域再生は政府に期待 (2014.8.21)

④相次ぐ無投票当選 6割超が結果的に容認 (2014.8.22)

⑤地方議員に厳しい視線 88%は立候補に消極的 (2014.8.23)

シンポジウム

「北大HOPS X 北海道新聞プロジェクト」発足記念シンポジウム  人口急減ショック-「縮小社会」をどう生き抜くか

教育研究活動「シンポジウム」のページで報告記事、道新記事をご覧になれます。

共同調査

北海道新聞との共同調査-「道民の感覚マップ」掲載

2013年の参院選を前に、公共政策大学院では、北海道新聞と共同で、今までにない形での調査を行いました。これまでの世論調査とは違い、感覚をグラフに落としマップ化し、民意がどこにあるか探っていきます。調査内容については、6月26日から7月2日まで北海道新聞で特集記事として連載されました。

ページの先頭へ